退去をする旨の連絡と契約類の整理

賃貸の部屋を退去するには、あらかじめその旨を、管理会社や大家さんへと連絡しておく必要があります。一般的には1ヶ月前には連絡をする決まりになっており、手配が遅れてしまうと、余分に家賃の支払いをしなければならなくなる場合もあるため注意しましょう。連絡すべき先や連絡の期日に関しては、賃貸借契約書に明記されています。詳細は物件によって差異がありますので、各自で確認しておく必要があります。

引越しが決まったら、電気やインターネット契約、郵便物の転送届などの手配も忘れずに行わなければいけません。契約関連の手続きは忘れがちでもあるため、必要なリストを作成し、引越しタイミングを見計らないながら順次、解約なり住所変更なりの手配を行うようにしましょう。

荷造りや引越し業者、最後の立ち合いなど

頃合いをみて荷造りを早めに開始することが大切です。荷物の分別や粗大ごみの処分など、思っているよりも時間が掛かるかもしれません。荷造りはオフシーズンの物から整理し、必要な物まで片付けてしまわないよう注意が必要です。引越し業者に依頼をする場合も、早めに手配を行いましょう。特に引越し繁忙期になると、予約ができず困ることもあります。部屋を出る日時が確定しているようなら、余裕をもって予約をしておくのが肝要です。

部屋の荷物を整理できたら掃除を行うようにしましょう。退去にあたり原状回復の立ち合いが必要となるため、ある程度はキレイにしておいた方が汚れや傷なども確認しやすいです。立ち合いの際、もし覚えのないダメージがある場合、しっかりと主張をしないと入居者の負担で修繕を求められることもありますので、最初からあった傷汚れなどに関してはその旨を伝えることが大切です。