一人暮らしの住むエリアを考えるときの気をつけるポイント

これから大学や専門学校に入学することをきっかけに、はじめて一人暮らしを始めるという人もいるでしょう。賃貸部屋を借りた経験が一回もないため、何を基準に物件を選べばいいのかと悩んでしまう人も多いのではないですか?賃貸広告を見ていると、部屋がどんな広さで、どのようなキッチンタイプかといった、室内の家賃から間取りや設備が重点的に情報が発信されています。

しかし、部屋だけではなく、住むエリアについても重視すべき物件選びのポイントになります。良い暮らしを実現するためには、駅までの距離、スーパーや飲食店、買い物施設など、周辺の環境についても目を向ける必要があるでしょう。女性の一人暮らしであれば、安全性についても注意して住む場所を決める必要があります。夜中の駅から自宅までの道は明るいか、人通りは多いかなど、周辺の治安状況もよくチェックしておきましょう。

ファミリー世帯が住むエリアを考えるときの気をつけるポイント

ファミリー世帯が賃貸物件の住むエリアを決めるとき、注意しておきたいポイントは、将来の家族環境をイメージして暮らす場所を決める必要があるという点です。いまはお子さんが小さくても、成長すれば周りに保育園や幼稚園、学校施設などの教育施設が近くにないと困ることがあるでしょう。子育て環境に適していないエリアに住んでしまうと、また引越しする必要が出てくることもあります。

そして、家族が増える予定があるなら、間取りや家の広さについても考えておきたいですよね。もしも家賃を抑えたいのなら、都心エリアよりも、郊外のエリアの立地を選ぶと、部屋数が多くて広い物件でも比較的安く借りられます。失敗のないように、これからの家族のライフステージの事も考えて住むエリアを検討していきましょう。